Now Loading...

HISTORY

Amikoleとロウアーイーストサイドの歴史

アミコレは、NYのダウンタウンにあるロウアーイーストサイドで、“ハードコア・キッズ”として10代を過ごしました。当時のロウアーイーストサイドは、伝説的なライブハウス“CBGB”が牽引したハードコア・パンクの音楽シーンや、ハレー・クリシュナ教の菜食主義ムーブメントの中心地。その頃の彼女は、グリーンに染めた前髪と剃りあげた頭で、自らを“Hippie Skin”と呼んでいました。

彼女は18才のとき、アフリカとカリブ海諸国を旅行し、セネガルの野外市場でシアバターに出会います。そして90年代に入ると、彼女は薬草療法を学び始め、1997年に「Amikole’s Shea Butter」を設立しました。

1986年からロウアーイーストサイドに住んでいるアミコレは、この場所の変化と、一部の変わらぬ姿を見てきました。時代が大きく変化していく中、大企業の進出によって、コミュニティガーデンやアーティストたちの居住地が占領され、多くのパンク仲間たちが追いやられました。その後、街自体も変わり、菜食主義やホリスティックなライフスタイルが主流になっていきました。

2009年、アミコレはニューヨーク大学で文化人類学の博士号を取得し、“Dr. Amikole”になります。また2016年には、200時間に及ぶヨガ教師養成コースを修了。現在、アミコレは3人の子どもたちの母親であり、ニューヨークとベリーズ(中央アメリカ北東部にある国)を行き来しながら、医療人類学や薬草学、ヴィンヤサヨガを教えることに多くの情熱を注いでいます。

「Amikole」はロウアーイーストサイドから発信するオーガニックブランドであり、代表するシアバターはそんな彼女の情熱と誠実さから生まれたユニークな製品です。今では、彼女の“愛”のこもったシアバターが世界中に届けられています。

Amikole's shea butter

Amikoleとシアバター

シアバターは数百年もの間、アフリカ諸国で広く使用されてきた、マルチに使える、安全かつナチュラルな美容クリームです。その優れた保湿&ヒーリング効果によって、世界で最も優れた“天然のスキンケア”として知られています。

アミコレは18才のとき訪れたセネガルで、初めてシアバターと出会い、その肌を柔らかくし保護する効果に魅了されました。当時、ニューヨークの薬草店で働いていた彼女は、スーツケースに入れて持ち帰ったシアバターを「店頭で売りたい」とオーナーに交渉し、販売にこぎつけたのが始まりでした。

その後アミコレは、肌と地球環境にとって安全な植物由来成分のみを使用した、100%天然のスキンケア製品を作りたいと願うようになります。この時、肌質を選ばず、顔、ボディ、髪などマルチに使えるシアバターは、彼女にとって重要な原料になりました。そして1990年、開発に着手したアミコレは、世界中のシアバター製品を研究。1997年にオリジナルのシアバター製品を掲げ、「Amikole’s Shea Butter」を設立しました。

アミコレの信念は「Less is more」。真にエシカルなスキンケア製品とは、最高品質のシアバター、エッセンシャルオイル、ハーブだけを使用した、極めてシンプルなものであると考えます。理想的なオリジナルレシピで作られたAmikoleの製品を使えば、シアバターなどの天然成分がもたらす、そのピュアで目に見える効果にきっと驚くことでしょう。

またアミコレは、シアバターを使って3人の子どもたちを育てた、誇り高き母親でもあります。ひび割れた唇、虫刺され、疲れた足、そして成長痛などのすべてにシアバターを使用し、子どもたちのトラブルを解決してきました。だからこそ、自信をもってAmikoleの製品を世に送り出すことができるのです。

Amikoleのプロダクトに含まれるシアバターとシアオイルはすべて、「USDA基準」でオーガニック認定されています。「USDA基準」とは、シアナッツの栽培や収穫、またはコールドプレス抽出や食品グレードの精製のプロセスにおいて、化学物質を一切使用していないことを意味します。Amikoleの製品は、NYロウアーイーストサイドにあるアミコレの自宅で、すべて手作業によって製造されています。

Amikole's profile

プロフィール

2009年、文化人類学の博士号を取得。ニューヨーク大学などで教授として教鞭をとる傍ら、ハーブ学やヨガのクラスも受け持つ。ロウアーイーストサイドを愛し、伝説のライブハウス“CBGB”に通い詰めた過去のハードコアパンク時代を経て、現在はスピリチュアルライフを送る。3人の子どもの母親でも。